TOP > 親知らずの抜歯 > 親知らずの抜歯後 > 起こりうるその他の症状

 

起こりうるその他の症状

上顎洞の感染

上の時、鼻とつながっている上顎洞が口の中と交通した場合感染を起こすこともあります。

処置法

小さい穴 コラーゲンスポンジなどを置き、抗生剤軟膏を入れ抗生剤を服用(長めに)
大きい穴 周囲の歯肉を引っ張ってきて、穴を塞ぎ、縫合する。

 

ドライソケット(骨硬化性の歯槽骨炎)

抜歯後、数日たっても、激しい痛みと抜いた穴に骨を触知する場合はドライソケットの疑いが強い。

本来、骨の上に血の塊が「かさぶた」となり、治癒するが、その「かさぶた」が無い状態のこと。

処置法

抗生剤の軟膏を穴につめる

紫や黄色のあざ(内出血斑)

内出血し、吸収され、皮膚にでたもので、長くても1~2週間で治る。

 

口が開けずらい

縫合や腫れが原因、1~2週間くらいで消える。

 

唾液を飲み込む時、痛い。

腫れなど炎症が原因、1週間くらいで消える。

 

再出血

多少、にじむ位は問題ないが、ガーゼ(もしくはタンニンの作用が効くので緑茶のティーバッグ)を噛んでもどんどん出る時は、止血処置が必要。

 

手前の歯が噛むと痛い

抜いた刺激ででることがありますが、傷口の治りとともに消失します。

 

手前の歯がしみる

抜いたことにより歯肉の位置が低くなり、歯根が露出したためにおこる。特に、親知らずと手前の歯の間に骨が無い時におこりやすい。

 

通常の腫れとは違い、舌の下や首付近の腫れは気道閉鎖による窒息、首から下への感染は、心臓周辺に広がることもあり、大変危険なので、大きい病院にすぐ行って下さい。

関連ページ一覧