TOP > 親知らずの基礎 > 抜歯の判断 > 抜歯しなくて良い場合

 

抜歯しなくて良い場合

親知らずを抜歯しなくてよい場合について

  • 完全に深い位置に埋まっていて、腫れ・痛みが無い場合
  • 一部歯が出ていても、腫れ・痛み・虫歯が無い場合
    (あっても、虫歯が浅い場合)
  • 親知らずを十分に汚れを管理できる場合
  • 少し、腫れたり、違和感がある程度の場合
  • 正常に生えている場合
  • 将来、ブリッジの支台として利用できる場合
  • 抜歯同時移植に利用できる場合
  • 冷凍保存し、将来、移植に利用できる場合
  • 矯正移植に利用できる場合
  • インプラント矯正で移動させ、利用できる場合
  • 関連ページ一覧