TOP > 親知らずの抜歯後に腫れてしまったら

 

親知らずの抜歯後に腫れてしまったら

 親知らずを抜歯してもらった経験がある人は、決して少なくはありません。その後、状態はどうでしたか?歯を抜くわけですから、麻酔が切れると暫くは痛みが続くのは当然です。しかし、時間と共に痛みも緩和されていきますので特に心配はないのですが、細菌感染をしないように、抗生剤を処方してくれると思います。抗生剤を飲んでも尚且つ違和感がある場合、例えば、抜歯後に極端に腫れてしまうなどの症状が出たら、先ずは歯医者さんに連絡をし、症状を伝えた上で指示を仰ぎましょう。来院するよう言われたら、診てもらいます。

 一般的に、抜歯の後は個人差や歯の状態によって左右されますので、殆ど腫れない人もいれば、握りこぶし大くらいに腫れてしまうこともあります。腫れがそれほど大きくなければ、1週間程度で落ち着くことが多いですが、大きい場合は、2~3週間掛かることもあります。処置としては、腫れそうな感じがした時は、早めに外側から冷やします。冷たいタオルや、ジェル状の熱を吸収するシート、保冷材などをタオルで包んでから適度に冷やし、決して冷やし過ぎは良くありません。抜歯後、一旦落ち着いた痛みが数日経ってから、逆に痛みが酷くなってきたという場合は、感染やドライソケットになっている可能性がありますので、歯医者さんに診てもらいましょう。抜歯後の痛みは麻酔が切れたときがピークで、腫れは個人差があるものの、大体数日から1週間程度で収まってきます。腫れるのは個人差と言いましたが、何回も炎症を起こしている、下の歯の場合、埋まっている顎の骨は、骨の密度が高くがっちりしていますので、歯を分割するか削るなどすることもあり、その場合は腫れやすくなりがちです。既に虫歯でボロボロになってしまっていると、周囲の骨を削らなければ抜けない可能性があるので、腫れやすい傾向にあります。また、感染を起こしているケースでも、抜歯後の症状が強く出る場合があります。

 親知らずを抜いた後の麻酔が効いている状態では、感覚が麻痺しているため、麻酔が切れるまで食事を控えます。温度が感じづらいため火傷をしやすい、感覚が鈍くなっているので頬や唇を噛んでも痛みがないので、傷を作ってしまうなどがあるからです。そのため、抜歯の前に食べておくと良いでしょう。また抜歯後、麻酔が切れた後でも、抜いた反対側で食べるようにします。硬いものや刺激物、アルコールは避けるようにしましょう。また、歯磨きについては歯を抜いた周囲の粘膜を傷つけないように、やわらかめの歯ブラシでそっと磨くようにします。抜歯後の血餅が出来にくくなる、或いは折角出来ても流れてしまう場合がありますので、抜歯後24時間はうがいをしないようにしましょう。

 

親知らずコラム 一覧