TOP > 口臭の原因になってしまう親知らず

 

口臭の原因になってしまう親知らず

年代を問わず、口臭を気にしている人は多いと思います。自ら気がつくうちはいいのですが、自分では分からないものの、周りは非常に迷惑をしている、というケースです。口が臭いですよ、だなんて直接本人に言えるわけがありませんよね。言ってくれるとしたら、せいぜい家族くらいかもしれません。

口臭の原因は、8割がお口の中で歯周病や虫歯、舌の汚れなどです。あとの2割は、胃や腸などの消火器系に原因があると言われています。でも、いつもお口を清潔にしているのに口臭が気になるようでしたら、それは親知らずが原因になっていることもあるかもしれません。

原因として考えられるのは、親知らずの周りは食べカスが詰まりやすく、しかも歯ブラシや爪楊枝等でも取り除くことが困難だということ。この食べカスが溜まっていくと、血液と混じって臭くなっていきます。食べカスは、口の中で細菌に食べられプラーク化し、これがカスを発生させて、更に口臭の原因に繋がっていきます。また厄介なことに、約8割が斜めに生えている、歯茎に被っているので、その中にプラークが溜まると、歯茎が腫れて臭い膿を出します。生える位置は一番奥なので、磨いているつもりでも、実はちゃんと磨けていないことが多く、そのために虫歯になりやすく、虫歯になると虫歯菌が発生させるガスも臭いのもととなるほか、虫歯菌が根の中まで入ると神経が死んでしまうので、根の先に膿がたまり、これも臭いガスを出し続けてしまうので、口臭の原因となります。斜めや横向きに生えていると、その手前の歯の根元に食い込んでくるため、手前の歯は根元から虫歯になり、気づかないうちに神経まで虫歯が進んでしまって、穴の空いた歯にはプラークや虫歯菌、膿などの臭いにおいを発する原因を作ってしまいます。

歯にとって大敵の歯周病は、周りの骨が溶けていく病気ですが、溶けた骨と歯茎の間に膿が溜まって臭いの原因となります。変に生えてきているために、手前の歯が歯周病で悪くなることも多いのです。

このようなことから、口臭の原因となってしまうのは、意外と多いことがお分かりだと思います。

口臭を予防するには、その周りに汚れをためないことが一番ですが、一番奥な上、生え方も斜めや横向きであることから、中々ブラッシングが行き渡りません。そういう時に役立つ歯ブラシとして、小さな三角形をしたタフトブラシというものがあります。初めは出血してしまうかもしれませんが、プラークが取れてくると歯茎が引き締まり、出血も止まり、そして口臭も改善されていきます。また、殺菌作用がある洗口剤や、イソジンなどの消毒剤でうがいをするのも有効的です。

もし親知らずが生えて、ケアが十分に行き届かないからと言ってすぐに抜歯をすることはお勧めしません。年齢によっては抜歯による負担がありますし、ちゃんとケアしておけば将来自分の歯として役に立ってくれる日も来るかもしれません。

親知らずが生えてきたら、虫歯や口臭の原因になる前にまずは歯医者さんで相談してみましょう。

 

親知らずコラム 一覧