TOP > 痛みがなくても歯医者に相談すべき理由

 

痛みがなくても歯医者に相談すべき理由

人は症状が出て初めてお医者さんに掛かろうとします。

症状が出ても我慢し、やがて重症になってから駆けつける人もいらっしゃいますね。人間の体はそれほど柔ではありませんが、自力で治せるほど万能でもないことを頭に入れておきましょう。

さて、親知らずは現在約80%の人が問題を抱えていると言われています。5人に4人の割合ですので非常に多いですね。問題のあるまま放置していると虫歯程度では済まなくなってしまう可能性もあります。初期の虫歯や他の治療で既に神経を抜いてしまっている場合など、痛みという自覚症状がないまま放置してしまい、気付いた時には抜歯せざるを得ない状態になってしまうこともあります。

歯は一度抜いてしまえば二度と生えてくることはありませんので、極力抜歯などを行わず、健康な自分の歯をいつまでも保っていけるようにすることが大切です。そのためには、痛みがなくても歯医者さんで診てもらい、自分の歯や口の中の状態をしっかりと把握することが大切です。親知らずが生えてきた場合なども、自分では気づかないうちに虫歯になってしまったり、生え方によっては抜歯などが必要になってくる場合もありますので、痛みがあるかどうかだけの基準でご自身で判断をするのではなく、歯医者で専門家に診てもらうことをお勧めします。

お口の中の状況を把握しましょう

口内環境は人によって様々ですので、実際に口の中を見たり、患者さんの普段の生活について聞いたりするほか、レントゲンやその他の装置を使って正しく口の中がどんな状態になっているのかを判断します。その際汚れや虫歯があればクリーニング・治療といった段階に入りますし、今現在は虫歯などがなくても、健康な歯を保つためのブラッシング方法などを患者さんへ伝えます。特に親知らずなど磨きにくい歯がある場合には注意して磨く方法や、効果的なグッズの紹介などもできます。

年を重ねていけばどうしても人の身体は衰えていくものですし、虫歯や親知らずだけではなく、歯周病のリスクなども高くなってきます。自分では健康で何の問題もないと思っていても、目では見えない部分や専門の器具がなければ判断できないこともありますので、定期的に専門家に診てもらうことをお勧めします。病気や身体の異常は早期に発見できれば治療の負担も軽く、治りも早いものですので、ご自身の健康を保つためにも是非行動していただきたいと思います。

親知らずコラム 一覧