TOP > 放置厳禁!横向き親知らず

 

放置厳禁!横向き親知らず

虫歯や歯肉炎など多くのトラブルにつながる横向きの親知らず

現代の人々は昔の人に比べて、固い食べ物を食べよく噛むという機会が少ないために、顎が昔の人に比べて大きくありません。

そのために歯が生えるスペースが狭くなり、生えるはずだった親知らずが正しい向きだ生えることができずに、虫歯や歯肉炎など多くのトラブルにつながってしまう場合が多くあります。

 

横向きの親知らずによるトラブル

親知らずが正しい向きで生えている人もいますが、人によっては横などの間違った向きで生えている人もいるでしょう。そのような向きで生えてしまった場合、どのようなトラブルにつながるおそれがあるでしょうか。

 

横に生えているため、親知らずと隣接している奥歯の接触部分のケアが難しく、汚れが残ってしまいやすい状態にあります。それにより歯肉に炎症が現れたり、虫歯につながったり、他にも口臭の原因になることもあります。

また、歯だけのトラブル にとどまらず、歯茎を圧迫することで起きた炎症が顎の筋肉や骨にも細菌感染を引き起こしてしまうことがあります。

その細菌感染が心臓にまで行き渡ってしまうと命の危険 すらあります。

ほかにも、歯が横向きに生えていることによって口の中にあたって削ってしまい、口の中を傷つけてしまうこともあります。

こういった場合は抜歯だけではなく、口の中の傷が大きい場合には傷のケアもひつようになってきます。

 

親知らずは最小限の痛みで抜歯することが可能です。

このような状態にならないためにも、放置せずに抜歯という手段を選ぶことをおすすめします。

横向きに生えている親知らずの場合、抜歯の手術が難しく激しい痛みを伴うのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし、実際はみなさんが思っているよりも痛みを最小限で抜くことができるようになっています。

レントゲンで歯の確実な位置を確認したうえで行い、抜く際に使う器具も昔よりも患者に負担を与えないように作られたものを使っています。歯茎を切開する前にも麻酔で痛みを感じないようにしてから行います。

また、術後に麻酔が切れて、抜いた後の痛みが強いのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

 

手術の後の痛みは鎮痛剤でコントロールするため、手術後の痛みも抑えられるようになっています。
縦に生えているものに比べれば、技術も要するため、抜く前に受診する病院について一度調べてみるとよいでしょう。そうすることでより安心できるのではないでしょうか。

放置することは簡単ですが、それによりさまざまな症状が現れる可能性が高いので、受診してきちんと治療することが歯の健康をまもるために大切だといえるでしょう。