TOP > 抜かなくてもいい親知らず

 

抜かなくてもいい親知らず

抜かなくてもいい親知らずがあることご存知でしょうか?

親知らずという言葉を聞くと、抜かなければならないというイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。確かに生えていることで虫歯や歯茎の炎症につながってしまうこともあります。

その場合、そういったトラブルを防ぐために抜歯という手段を選択するでしょう。

 

日頃のケアが難しい親知らず

親知らずは一番奥に生えるため、歯ブラシが届きにくく、ケアが難しい場合が多くあります。
それにより汚れが十分に除去できずに虫歯になったり、歯の周囲の歯茎が歯肉炎になり痛みが症状として現れたり、そのようなトラブルにつながってしまうことが多いために、抜歯をして原因の歯をなくすという治療を行われます。

 

生えた歯がトラブルにつながることも多いですが、親知らずの場合生える時にもトラブルが現れることがあります。歯が生えてくるスペースが足りずに周囲の歯や歯茎を圧迫することで痛みが現れることもあります。

また、周囲の歯を圧迫することで歯並びが変わるケースもあります。

このように、生えることで発生してしまうトラブルが多く、 歯を抜くことでトラブル を防ぐ場合が多いようです。

ですが、すべての親知らずを 抜かなければならないというわけではないのです。
抜かなくてもいい場合について説明します。

 

親知らずを抜歯しなくてよい場合

親知らずといっても必ずしも周りに悪影響が及ぼすように生えるわけではなく、他の歯との噛み合わせが問題のない場合もあります。

そのように問題なくきれいに生えている場合、歯磨きなどのケアも十分に行き渡るため、 トラブルを防ぐことができます。 このような場合は抜かなくても問題はありません。

同様に、噛み合わせに問題があっても、歯ブラシが届きケアが十分にできる場合であれば 抜く必要はありません。

虫歯だけでなく、周囲の歯茎に炎症や歯周病などのトラブルが現れていないのであれば 、 抜かなくても問題はありません。

 

親知らずを残しておくメリット

抜かずに残しておくことで役に立つこともあります。

それは年齢が重なり、歯が弱くなり失う事になった場合、奥歯でサイズが合えばその歯の代わりとして移植できるケースがあるということです。

他にも、その歯が周りに入れ歯を装着するときに支えになり役立つ場合もあります。

そのため、歯自体にトラブルがなく、残しておいてもトラブルにつながる可能性が低い場合は、抜かずに温存をすすめる場合も多くなっているのです。