TOP > 親知らずの基礎 > 抜歯の判断 > 抜歯した方が良い場合

 

抜歯した方が良い場合

親知らずを抜歯した方が良い場合について

当院では以下のケースでは抜歯をおすすめしております

  • 虫歯が神経まで到達していて、神経の治療ができない場合
  • 何度も腫れ・痛みを繰り返し、その間隔が短くなったり、腫れがひどくなったり、痛みが強くなってきた場合
  • 顎関節症を引き起こしている原因で、かみあわせの調整、神経の処置では対処できない時
  • 親知らずが歯並びを乱す原因となっている状態で患者さん本人が、親知らずの抜歯のリスクよりも歯並びの保全を優先させた場合

関連ページ一覧